口臭というと、虫歯や歯周病などの口内疾患、もしくは体の中から臭いがモンモンと沸き立ってくるような疾患や生活習慣などをイメージする人も多いと思います。口臭の原因にはいろいろなものがありますが、その中でも意外と盲点になりやすいのが「舌」。鏡で自分の舌を見てみましょう。赤ちゃんのようなピンク色の舌なら、口臭の原因になることはまずありません。しかし、舌が白買ったり、黄色かったりしたら要注意。舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌の上の細菌たちによって、口の臭いが最悪になっていることもあるかもしれません。

 

舌苔は誰でも食生活をしていれば自然に少しずつ蓄積されてしまう細菌です。しかし、たかが舌苔、されど舌苔というほどに舌苔が口臭に及ぼす影響は絶大で、他人が気になる口臭の原因のなんと60%以上は舌苔に原因があるのだとか。つまり、舌苔のお手入れをして、におわない舌を手に入れれば、かなり高い確率で口臭も予防することができそうですね。

 

自分の舌に舌苔がたまっているかどうかは、鏡を見れば一目瞭然です。舌が白かったり黄色かったりした場合には、それを放置しても舌苔は自然になくなることはありませんから、歯ブラシの時に舌もきれいに磨いて舌苔を取り除いてあげましょう。徹底的に口臭をシャットアウトしたい人は、舌苔をクリーニングするグッズなども販売されているので、それを利用するのもおすすめです。

 

生活習慣や食生活、抱えている内臓疾患などによっても、舌苔が付きやすい体質になったりすることもあります。たとえば、いつも口をぽかんとあけていると口の中が乾燥しやすく、そこから細菌が繁殖して舌苔も増えてしまいます。また、筋肉が衰えることも舌苔の異常繁殖につながるので、会話をしたり顔面トレーニングをしたりしながら、舌の筋肉が衰えないような工夫をするのもよいでしょう。ドロドロした食べ物や、ベタベタした食べ物、またオイリーな食べ物なども舌苔が付きやすくなるので要注意です。

 

アマゾンのお得な口臭予防対策商品を見る!

 

口臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!