口臭にはいろいろな原因があります。

 

・ドライマウス
あまり乾燥することがない口の中も、ドライマウスなどによって乾燥すると、そこから菌が増殖しやすくなってしまうので口臭が起きやすくなります。また、もともと唾液の量が少ない人なども、口臭になりやすいようです。ドライマウスや唾液量の低下を引き起こす原因にもいろいろありますが、ストレスや緊張していたり、疲れているだけでも口臭が起きる場合もあるので注意が必要です。そのほかにも、加齢や薬の副作用などによって、唾液の量が減ってしまうこともあるようです。

 

・口の中が衛生的でない
歯磨きが十分でなかったりして、口の中の衛生状態が悪くなると、口臭の原因になります。歯磨きをしている人でも、磨き残しがあったりすると細菌の温床になりやすいですし、舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌の汚れも口臭の原因となるので、歯磨きの際には歯だけでなく舌もきれいに磨いてあげるようにしたほうが良いでしょう。

 

・虫歯などの疾患
虫歯や歯周病など、口内疾患を持っていると、口臭になりやすくなります。歯医者で定期的に検査してもらうだけでなく、プラークを除去してもらったり、口内環境を総合的にチェックしてもらうこともおすすめです。

 

・食べ物
にんにくやネギなど、強烈な口臭の原因となる食べ物を食べれば、誰でも口臭がしてしまいます。コーヒーやアルコール、タバコなども口臭の原因となるので、口臭を出したくない日の前日には、こうした食べ物は避けるようにするのもよいでしょう。

 

・全身疾患
糖尿病や肥満などが口臭の原因になることもありますし、胃潰瘍や胃腸不全など胃の疾患が原因で口臭になることもあります。全身の疾患が原因の場合には、アンモニア臭やアセトン臭がするので、歯科医によっては臭いで疾患名が分かるという人もいたりするのだとか。

 

このように、口臭は疾患などが原因で起きている場合もあれば、生活習慣や食生活が原因になっていることもあります。口臭を予防するためには、口臭の原因ごと取り除くような努力が必要ですね。

 

アマゾンのお得な口臭予防対策商品を見る!

 

口臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!