口臭と一口に言っても、いくつかの種類があります。

 

・生理的口臭
口の中には誰でも善玉菌も悪玉菌もどちらも持っています。その中でも特に悪玉菌は、お腹がすいたり口の中が乾いたり、朝起きた時や、緊張した時、また、ストレスを感じた時などに増殖するという特性があります。そのため、誰でも時と場合によって口臭が強くなることもあるわけです。分かりやすい例を挙げると、朝起きたばかりの時には、誰でも口の中が気持ち悪かったり、自分自身で口臭が気になったりすることもありますよね。しかし、歯磨きをすればほとんどの場合には、そうした口臭はなくなります。それが、生理的口臭なのです。

 

・食べ物による口臭
食べ物の中には、口臭や体臭を引き起こす食べ物もあります。にんにく、玉ねぎなどは代表的な食べ物で、こうした食材を食べれば誰でも口臭や体臭が強烈になるものです。食べ物による口臭は長続きするわけではなく、長くても翌日には消えてなくなるのが一般的。口臭を避けたい場合などには、前日にそうした食べ物を食べないようにすればよいので、自分自身でコントロールしやすい口臭のタイプと言えるでしょう。口臭を引き起こす食べ物にはほかに、スパイシーや食べ物や、発酵食品などがあります。

 

・病気による口臭
虫歯や歯周病など口内の疾患はもちろん、胃や腸など内臓器官の疾患によって、口臭が引き起こされます。呼吸器系の疾患、糖尿病など生活習慣病によっても口臭がきつくなることがあります。これらの疾患が直接口臭を引き起こしているというわけではなく、疾患によって唾液が減少したり、口の中で細菌が繁殖しやすい状態になることが、口臭を引き起こすと考えたほうが良いかもしれませんね。このタイプの口臭は、疾患を治療しなければ口臭も解消することができません。治療に時間がかかりやすい口臭と言えるでしょう。

 

自分自身の口臭は気になるものです。しかし、あまり気にしすぎると口臭もかえって強くなってしまうので、あまりくよくよせずに大きく構えることも口臭予防につながるようですよ。

 

アマゾンのお得な口臭予防対策商品を見る!

 

口臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!