口臭をなくすためには、自分の口臭の原因を知って、原因を改善したり取り除いたりすることが必要です。

 

・食べ物が原因の口臭
玉ねぎ、にんにく、香辛料などスパイスの強烈なものを食べれば、誰でも口臭がしてしまいます。この口臭は長くても1日ぐらいしか持続しませんから、口臭をさせたくない日の前日には、こうした食べ物を避けることで口臭予防をすることができます。

 

・口内環境が原因の口臭
虫歯や歯槽膿漏など口内疾患を持っている場合には、そちらの治療を行うことが、口臭をなくすためには必要です。特に、歯周病などは治療に時間がかかるだけでなく、歯周病が進むと口臭もひどくなってしまったり、治療にも時間がかかってしまうことになるので、できれば歯周病になりかけたぐらいの段階で治療をスタートするのが理想的です。

 

・口内を清潔にキープする
食事をしたらすぐに歯磨きをする習慣をつけると、口内に食べ物がいつまでも残ってしまうこともありませんし、そこから細菌が繁殖することも少なくなります。食後はすぐ歯磨きという習慣をつけると、頻繁に歯磨きばかりするのも面倒になりますから、感触なども減ってダイエット効果も期待で期待します。歯磨きをするときには、歯の一本一本を念入りに磨くだけでなく、歯間ブラシやフロスなども使い、磨き残しがないように時間をかけて磨くことが必要です。

 

・全身疾患が原因の口臭
疾患の治療をすることが口臭予防にもつながります。

 

・生活習慣が原因の口臭
睡眠不足や疲れがたまっていたりすると、口臭も起こりやすくなってしまいます。ストレスを球ているのも口臭予防にはNG。できるだけ規則正しい生活習慣を心がけて、十分な睡眠時間を確保するように心がけることが口臭予防にもつながります。また、ストレスはため込まずに発散できるような趣味を持つことも、口臭予防につながります。

 

・あまり気にしない
自分自身で口臭が気になりだすと、わずかな口臭でも過大にかんじてしまうため、そのストレスが口臭を悪化させてしまうこともあります。口臭対策を一通り行えば、それなりに口臭を抑えることができますから、あまりクヨクヨしないことも口臭予防につながります。

 

アマゾンのお得な口臭予防対策商品を見る!

 

口臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!