口臭の原因にもいろいろなものがあります。歯磨きをすればすぐに解消できる生理的な口臭もあれば、にんにくや玉ねぎ、キムチなどを食べた直後には誰でも起きる食べ物による口臭などもあります。こうした口臭はそれほど強くなかったり、歯磨きをすればすぐに解消できるものが多いのですが、内臓から引き起こされている口臭は、そういうわけにはいきません。

 

内臓が口臭を引き起こしている場合には、自分がどんな内臓疾患を抱えているのか、何が口臭を悪くしているのか、その原因を突き止めることが必要です。内臓疾患を治療することなく、マウスウォッシュやサプリメントだけで対応しようとしても、一時的な対応にしかなりませんし、内臓疾患が悪化すると口臭もひどくなってしまいます。口臭を根本的にシャットアウトするためには、根源である内臓疾患を治療することが必要なのです。

 

口臭を引き起こしている内臓疾患には、腸の疾患、胃の疾患、そして肝臓の疾患などが多いようです。その中でも肝臓の疾患による口臭はとても多く、口臭外来に行って肝臓疾患を指摘される人も少なくないようです。もともと肝臓とは、体内の毒素や老廃物をフィルターにかけて尿として体外に排除する働きをしています。このフィルターが正常に機能していれば、体内の毒素をスピーディに排除することができるので、口臭も気になるほどにはならないようです。しかし、フィルターが機能していなかったり機能が低下していたりすると、肝臓で処分されなかった毒素や老廃物から毒性ガスが発生し、それが消化器官を逆流して口まで戻ってきてしまいます。それが、口臭になってしまうというわけですね。

 

肝臓が原因の口臭は、自分自身でも苦い感じの口臭になったり、腐敗臭がしたりするので、ある程度自覚することもできるようです。

 

そのほかにも、食べ過ぎて胃腸の働きが低下していれば、口臭に胃酸が混じって酸っぱい感じになったりすることもあります。

 

アマゾンのお得な口臭予防対策商品を見る!

 

口臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!