他人の口臭には敏感になっても、自分自身の口臭にはなかなか敏感になれる人は少ないもの。これは、自分自身の口臭は24時間常に嗅いでいるので、臭いという自覚症状が現れにくいためです。結婚している人なら、配偶者にちょっと口臭チェックしてもらったりすることもできますが、自分自身で口臭をチェックすることも可能です。

 

口臭をチェックするには、口臭が起きやすい原因をチェックしていくことがおすすめです。
・ストレスを感じる機会が多い。ストレスを溜め込みやすい。
・歯磨きをする時間がいつも短く、3分以下だ。
・歯並びに自信がない
・胃腸が弱く、胃薬を手放せない。
・面倒だったり忙しかったりして、歯磨きしないこともよくある。
・煙草を吸う
・口の中が乾燥することが多い。口が渇いて水が欲しくなることがある。
・歯の間に食べ物が詰まりやすい。
・歯磨きすると歯茎から出血がある。
・虫歯がある。虫歯になりやすい。
・歯石やプラークが付きやすい。定期的に歯科健診に行っていない。
・なんとなく舌がいつも白っぽく見える。
・口の中がネバネバしやすい。
・口臭がするといわれた経験あり。
これらの項目で該当する項目が多い場合には、もしかしたら口臭があるかもしれません。

 

口臭が気になる人は、自分自身でできる口臭対策をすることもおすすめです。たとえば、虫歯や歯周病などの疾患を持っている人は治療をし、そうした疾患がなくても定期的に歯科検診に行って歯のクリーニングを行うようにしましょう。歯石やプラークは誰でも少しずつ蓄積されていきます。たくさんたまってしまう前にクリーニングで除去してもらったほうが、スピーディに口臭の原因を取り除くことにもつながります。

 

口臭を気にしすぎて、他人の前で口を開くことがストレスになってしまう人も少なくありません。しかし、ストレスを感じると口臭にも拍車がかかってしまいますから、あまり気にしすぎないことも大切です。他人の前で自分の口臭が気になる場合には、虫歯予防のガムや口臭予防のガムなどをかんだり、水を頻繁に飲んで口内を乾燥させないように工夫することもおすすめです。

 

アマゾンのお得な口臭予防対策商品を見る!

 

口臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!